二重まぶた手術は美容外科メディクス

二重まぶた手術

最新の二重まぶた手術

1、埋没法(まいぼつほう)

希望する二重のラインにそって、医療用の極細の糸を縫い込み、二重のラインを形成する手術です。キズあとも残らず、手術時間もわずか10分ほどで終わる、いわゆるメスを使わないプチ整形、美容手術の代表的なものです。

生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができるので、いかにも「つくった」という不自然さがなく、しかも術後のハレが非常に少なく、キズあとも残らず、治りも早いというのが特徴。また、手術前の目にもどしたり、二重のラインを変えたりすることもできるので、最近の二重まぶた手術の主流となっています。体質にもよりますが、手術をした翌日からごく普通に学校や会社に出ることも可能です。

糸の使い方などの施術内容は、クリニックやドクターによって違いがあります。
大きく分けますと、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通す従来の方法と通さない最新の方法があります。
最新の埋没法のほうがより安全で、より納得のいく結果が得られます。

<ぜひご覧ください>

>> 二重まぶた手術のトラブル事例

>> 最新の埋没法

埋没法の比較表

  最新の埋没法 従来の埋没法
ハレ ハレにくい ハレやすい
痛み 痛くない 結膜に痛みがある
ラインの持続性 とれにくい とれやすい
ラインの幅 手術可能な幅がひろい 手術可能な幅がせまい
ラインのつくり方 線止め 点止め
ラインのクボミ できない できる可能性あり
シコリ できない できやすい
炎症 おこらない おきる可能性あり
ラインの形 自然 不自然になりやすい
デザイン性 仕上がりがキレイ 満足できないことが多い
気づかれやすさ 周囲に気づかれにくい 周囲に気づかれやすい
コンタクトレンズ 手術後すぐに使用できる 1~2週間は、使用できない
安全性 眼科医も推奨で安全 トラブルが多い
抜糸 半永久的に糸のみの抜糸が可能 糸のみの抜糸が保証できない
麻酔 麻酔時に注射針が見えないので、こわくない 麻酔時に注射針が見えるので、こわい
再手術 しやすい しにくい
技術力 経験と高度な技術、センスがいる 簡単で、手術しやすい
手術方法 新しい手術方法 以前の手術方法と同じ
手術名 大阪メディクスの新しい手術法 瞼板法・挙筋法など

>> 最新の埋没法

2、切開法(せっかいほう)

希望の二重のラインのところを切開して、余分な脂肪や皮フを切除して、縫合をおこない、二重まぶたを形成する手術です。二重のラインと手術による切開ラインが同じなので、キズあとはわかりません。まぶたの脂肪が多い人、まぶたの皮フがたるんでいる人、よりハッキリした二重のラインを希望する人に適した手術。再手術が難しい、術後のハレが大きいなどのデメリットもありますが、二重のラインが絶対にとれないというメリットがあります。もちろん、入院の必要もありません。

施術内容は、埋没法と同様に、クリニックやドクターによって違いがあります。
大きく分けますと、2種類の方法があります。1つは、二重のラインのところに糸を埋め込んだままにして二重をつくる従来の切開法と、もう1つは、糸を埋め込んだままにしないで二重のラインを形成する最新の切開法です。

糸を埋め込まないで二重のラインを形成する最新の切開法のほうが、術後のハレはより少なく、二重のラインもより自然できれいに仕上がります。

>> 最新の切開法

切開法の比較表

  最新の切開法 従来の切開法
ラインの持続性 永久的 とれる可能性あり
ラインのつくり方 脂肪除去法 糸でラインをつくり、糸を入れたままにする
残らない 残る
ラインのクボミ できない できる可能性あり
シコリ できない できる可能性あり
ハム状態 ならない なる可能性あり
余分な脂肪 残らない 残る
ラインの形 自然 不自然になりやすい
デザイン性 仕上がりがキレイ 満足できないことが多い
気づかれやすさ 周囲に気づかれにくい 周囲に気づかれやすい
安全性 眼科医も推奨で安全 トラブルが多い
技術力 経験と高度な技術、センスがいる 手術がしやすい
手術方法 大阪メディクスの新しい手術法 部分切開法・全切開法など

>> 最新の切開法

3、目頭切開(めがしらせっかい)

東洋人に多く見られ、目頭の部分で上下方向の皮フが足りないために引っ張られて、ヒダ状になっている状態を「蒙古(もうこ)ヒダ」と言います。その「蒙古(もうこ)ヒダ」を除去することにより、パッチリとしたきれいな二重まぶたを形成する手術です。埋没法や切開法の手術を併用することで、よりきれいな二重まぶたにすることができます。「蒙古(もうこ)ヒダ」が原因で目が小さく離れて見える方に最適な手術法で、手術後、目が大きく顔が小さく見えるようになるという効果があります。

従来の目頭切開法では、キズあとが目立ち、トラブルが多いです。
これは残念なことですが、従来の目頭切開法によって目頭切開の手術を行なっている美容外科・クリニックが、多いというのが現状のようです。

高度な技術と経験を必要とする最新の目頭切開法は、従来の目頭切開法よりもキズあとが残りにくく、よりキズあとが目立たない手術法です。

>> 最新の目頭切開

ページトップへ