二重まぶた手術は美容外科メディクス

二重まぶた手術

埋没法

最新の二重まぶた手術-埋没法

従来の埋没法による二重まぶた手術では、二重まぶた手術のトラブル事例でもご説明しましたように、多くの欠点・問題点があります。そこで、美容外科メディクスでは、二重まぶた手術の研究を重ねた結果、従来の埋没法の欠点・問題点を解決した画期的な新しい二重まぶた手術法を開発しました。
ここでは、最新の埋没法による二重まぶた手術と従来の埋没法の違いを、まぶたの横からみた断面図を用いながら、説明いたします。

生まれつき二重まぶたの人の構造

生まれつき二重まぶたの人は、下図の点線部分のように、まぶたを開閉する筋肉と皮フが生まれつきつながっているため、まぶたが開く時、皮フが筋肉と一緒に持ち上げられて、そこに折れこみができるので、二重まぶたになります。

従来の埋没法

従来の埋没法では、皮フと結膜(血管が多く集まっている、まぶたの裏側の赤いねん膜)を糸で結ぶために、結膜に糸を通すので、糸が出てくる可能性があります。

さらに、その糸が結膜や眼球などにキズをつけて、炎症がおきたり、結膜にシコリができたり、視力が低下するなどのトラブルがおこる場合があります。

また、従来の埋没法で二重まぶた手術を受けて、今は糸が結膜に出ていなくても、体質の変化などにより、今後いつか糸が結膜に出てくるかもしれない?という不安や心配が残ります。

最新の埋没法

最新の埋没法では、生まれつき二重まぶたの人のように、まぶたを開閉する筋肉と皮フのみを糸で結びつけるため、下図のように糸が皮フの中におさまります。

また、結膜(まぶたの裏側の赤いねん膜)に糸を通さす、糸が出ることがないので、、まぶたの中で特に血管が多い結膜や眼球にキズがつくなどのトラブルがおこりません。

なお、最新の埋没法とは、「挙筋法」でも「瞼板法」でも「瞼板上端法」でもなく、熟練した高度なテクニックやセンスを要する二重まぶた手術法(美容外科メディクスの独自の手術法)です。

埋没法の意外な落とし穴

  1. 埋没法による二重まぶた手術は、どこのクリニックでも同じなのでは?

    いいえ、実は違います。医療用の糸を使って二重まぶたを形成するという意味では同じなのですが、糸の使い方などの施術内容は、違う場合があります。大きく分けますと、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通す従来の方法と通さない最新の方法があります。

    糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通す従来の方法では、ほとんどの場合、糸を点止めで二重のラインを作ることになります。

    糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない最新の方法では、二重のラインにそって糸を線状に通すことができますので、術後のハレがより少なく、二重のラインもよりきれいに仕上がり、また、手術後かなり時間が経過しても糸をぬくことができますし、糸による目のトラブルもおこりません。

    埋没法による二重まぶた手術をうける場合は、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法のほうがより安全で、より納得のいく結果が得られるでしょう。

    なお、従来の埋没法の問題点を、二重まぶた手術のトラブル事例で実例をあげながら説明をしていますので、ご参照ください。

  2. 埋没法の手術後いつでも糸をぬいて、もとにもどせるのですか?

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通す従来の埋没法では、糸の点止めによって二重のラインをつくるので、糸をぬく作業がむずかしく、手術後の時間の経過とともにさらにむずかしくなり、糸をぬくことができなくなる場合が多いです。といいますのは、手術後の時間の経過とともに糸とまぶたの皮フの癒着(ゆちゃく)がすすんでしまうので、糸を通してできた点がまぶたのどこにあるのか見つけにくくなり、糸を切ってぬくことができなくなるからです。もちろん、糸によってできた点の位置をだいたいの目安をもとにまぶたの皮フを切って糸をぬくことができますが、まぶたにキズが残ってしまいます。

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法では、手術後に時間が経過して何年たっても糸をぬくことができますので、より安心です。

  3. いわゆる「プチ整形」と言われている代表的な美容手術に二重まぶた手術がありますが・・・?

    よく広告で見かけるプチ整形の二重まぶた手術料金は、1点止めの手術料金がほとんどで、2点止め、3点止め、4点止めとなるにしたがって、手術料金は高くなっていくようです。もちろん、そのドクターは、「2点、3点と増やしたほうが、きれいな二重のラインになる・・・。」とすすめるでしょう。1.でもふれましたが、一生に一度の手術ですし、あなたの最も大切なお顔に関わることですので、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない埋没法による最新の二重まぶた手術を受けられたほうが良いでしょう。

  4. 二重まぶた手術料金が非常に安いクリニックのほうが得なのでは・・・?

    経験上、非常に安い二重まぶた手術では、良い仕上がりの二重まぶたはほとんど見受けられず、安かろう悪かろうというのが現状です。もちろん、手術費が非常に安いクリニックの患者さんの術後の状態をすべて確認したわけではありませんが、少なくとも言えることは、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない埋没法による最新の二重まぶた手術はされていないようです。

    一生に一度の手術をするわけですから、目先の安い手術料金にまどわされずに、適正価格のベストな方法による二重まぶた手術を受けられることをお勧めいたします。

埋没法のQ&A

  1. 埋没法による二重まぶた手術を受けても、また、もとにもどってしまい、二重のラインがとれてしまうことはないですか?

    ほとんどの方は、半永久的にとれません。ただ、埋没法の場合は、糸でまぶたを支えるので、100%一生とれないとは言いきれません。例えば、妊娠をして10kg以上太ってしまい、まぶたにも脂肪が多くついたり、まぶたにできものができてハレたりした時などは、とれる場合もまれにあります。

    しかし、もしとれた場合でも再手術は可能ですし、とれる心配が少しでもあるのはイヤだという方は、切開法による二重まぶた手術を受ければ解決します。

    また、二重のラインが確実にとれる方、とれやすい方は、最初の診察(カウンセリング)の時に、優秀なドクター(特に二重まぶた専門医)ならばわかりますので、そのドクターのアドバイスを受けてください。そうすれば、ご自分がどの方法で二重まぶた手術を受ければよいか、判断しやすいです。

  2. 従来の埋没法で二重まぶたの手術を受けて、とれてしまったのですが・・・?

    従来の埋没法では、まぶたの裏側にある結膜(血管が多く集まっている、ねん膜)から糸を通すために、糸がまぶたの裏に出てしまい、点々でしかまぶたをとめることができないので、比較的とれやすいのが実状です。最新の埋没法ならば、まぶたの裏の結膜に糸が出ることはないですし、さらに、二重のラインにそって線状に糸を埋め込んでいきますので、従来の埋没法よりも二重のラインはとれにくく、よりキレイに仕上がります。実際に、従来の埋没法の手術を受けて二重のラインが取れた方でも、最新の埋没法でやりなおせば、二重のラインが定着する例は多いです。言い換えれば、スカートのすそがほつれた時に、即席で点々と数ヶ所を糸でとめるよりも、端から端まできちんと線状にとめたほうが、丈夫でキレイになるのと同じ原理です。

  3. 埋没法の二重まぶた手術を受けたのですが、手術後のハレがひどかったし、その後、目に違和感が残っていて、二重の形も不自然で・・・?

    「二重まぶた手術のトラブル事例」でも触れましたが、これは従来の埋没法による典型的なトラブル事例です。最新の埋没法による二重まぶた手術でやりなおせば、解決する可能性は高いです。できれば二重まぶた専門医に相談をして、再手術を受けたほうが良いでしょう。

  4. 埋没法による二重まぶた手術を受けると、目はハレないですか?

    最新の埋没法による二重まぶた手術では、二重の幅にあたる部分がほんの少しむくむぐらいで、手術後そのまま帰られても、まわりの人に気づかれることはまずありません。最新の埋没法に比べて、一般の美容外科で行なわれている従来の埋没法では、まぶたの中で特に血管が多く集まっている結膜(まぶたの裏側の赤いねん膜)に糸が出てしまうために、まぶたに炎症を起こしたり、糸をつたってまぶたの中に雑菌がしみこんだり、まぶた全体がハレたり、糸が直接眼球にあたって潰瘍ができたりするなどのトラブルがおこる場合があります。しかし、最新の埋没法による二重まぶた手術ならば、このようなトラブルは一切おこりません。

  5. 埋没法の二重まぶた手術を受けても、痛くないですか?

    最新の埋没法では、点眼麻酔をしてから、なるべく痛くならないようにゆっくりと少しずつまぶたに麻酔をしみこませていきますので、少ししみるぐらいです。麻酔がきいてしまえば、手術中はまったく痛くありません。また、手術後、麻酔がきれても痛みはありません。

    さらに、最新の埋没法による二重まぶた手術ならば、まぶたの中で一番痛みに敏感な結膜(まぶたの裏側の血管が多く集まっている赤いねん膜)にまったくキズをつけない手術法なので、従来の結膜にキズをつける埋没法による手術に比べると、より痛みもなく安全です。

    ちなみに、クリニックによっては、二重まぶた手術における麻酔の技術が未熟なために、麻酔をうけている時に痛みが強かったり、麻酔がきいていないのに手術をするので、手術中に痛かったりすることがあるようです。

  6. 埋没法による二重まぶたの手術を受けて、糸は入れたままでも大丈夫なのですか?

    心臓や腹部の手術をするときにも使われている医療用の糸を使用しますので、一生体の中に入ったままでも大丈夫です。

  7. 埋没法の手術を受けた後、コンタクトレンズは、いつから使用できますか?

    まぶたの裏側の結膜に糸が出てしまう従来の埋没法と、まぶたの裏側の結膜に糸がでない最新の埋没法とではちがいがあります。

    まぶたの裏側の結膜に糸が出てしまう従来の埋没法では、ソフトコンタクトなら1週間くらいは使用できず、ハードコンタクトは特に糸に引っかかりやすいので、1週間~2週間ぐらいはコンタクトの使用はできないことが多いようです。

    まぶたの裏側の結膜に糸が出ない最新の埋没法の場合は、ソフトコンタクトなら手術直後から使用できますし、使い捨てソフトコンタクトを使用している方は、はずさずに手術もできます。また、ハードコンタクトを使っている方は、手術後に麻酔がきれればその日のうちに使用することができます。

  8. 埋没法の手術後、化粧はすぐにできますか?

    手術をうけた当日は、まぶたの化粧は控えたほうが良いです。手術の翌日には、洗顔をして化粧をすることができます。

  9. 埋没法の手術を受けてから友人に会っても、手術を受けたことが気づかれないですか?

    手術直後は、目を閉じると糸を通した針のあとが小さな赤い点になっていますので、化粧も控えたほうが良いですし、近くでじろじろ見られるとわかる可能性があります。友人に手術を受けたことが気づかれるのを心配される方は、手術を受けられた当日だけは友人に会わないほうがよいでしょう。

  10. 埋没法の手術を受けた翌日から、水泳をしてもいいですか?

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法の手術を受けたならば、手術の際に糸を通した針のあと(小さな点)は、手術の翌日にはなおっていますので、水泳をしてもかまわないです。

  11. アレルギー性結膜炎なので、すぐ目がかゆくなりかいてしまいますが、埋没法の手術をうけても問題ないですか?

    まぶたを強く横に引っぱらないように、注意してかくならば問題はないです。しかし、くりかえし、ごしごしと強く横に引っぱると、二重のラインがとれる原因になるかもしれません。

  12. 埋没法の手術後、まつ毛パーマはいつからあてられますか?

    約1週間くらいたてば、針のあともかなりきれいになってきますので、まぶたを強く横に引っぱらないようにするならば、まつ毛パーマをしてもかまいません。

  13. 埋没法の手術を受けて二重のラインがとれた場合、また再手術できますか?

    埋没法による再手術は可能です。しかし、まぶたの脂肪やタルミがかなり多い方で、埋没法の再手術をうけても二重のラインがどうしてもとれてしまう方は、切開法の手術をお勧めしています。

  14. 埋没法の手術を受けた後、もとの顔にもどしたい時は、もどせますか?

    糸をぬけば、もとにもどすことができます。
    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法ならば、確実にもとにもどせます。しかし、結膜に糸を通して二重のラインを点止めで形成する従来の埋没法では、糸を切ってもそのままぬけない場合がありますので、確実にもとにもどせるとは言いきれません。

  15. 目立ちたくなくて小さな幅の二重のラインにしたのですが、再手術をして二重のラインの幅を広くできますか?

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法ならば、確実に広くやりなおせます。しかし、まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通して二重のラインを点止めで形成する従来の埋没法では、糸をぬくことができない場合がありますので、確実にやりなおせるとは言いきれません。

  16. 理想の二重のラインの幅にしたつもりが、顔と不自然な広い二重まぶたになってしまい、二重のラインの幅を少しせまくしたいのですが?

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法ならば、確実にせまくやりなおせます。しかし、まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通して二重のラインを点止めで形成する従来の埋没法では、糸をぬくことができない場合がありますので、確実にやりなおせるとは言いきれません。

  17. 生まれつき片方だけが二重まぶたなのですが、片方だけ埋没法によって二重まぶたにできますか?

    片方だけでも埋没法の手術によって二重まぶたにできます。

  18. 埋没法の手術後、エステでフェイシャルマッサージをしてもらってもいいですか?

    まぶたの横を強く引っぱらなければ、手術後1週間くらいたてばフェイシャルマッサージをしてもよいでしょう。

  19. 埋没法の手術を受けた後、アイメイクをおとす時に二重のラインがとれませんか?

    普通にまぶたの皮フの表面をこすったり洗ったりするぐらいでは、二重のラインがとれることはありません。ただし、まぶたを強く横に引っぱることは控えたほうがよいでしょう。

  20. 埋没法の手術後にまぶたのところに内出血がありますが?

    手術後ごくまれですが、体質等により内出血がみられる人がいます。しかし、1週間くらいで消えていきます。

  21. 埋没法の手術を受けると、どうしてもハレや内出血を避けることはできないのですか?

    内出血がおこる場合は非常にまれなケースで、おきても1週間ほどでおさまります。また、ハレると言っても二重の幅にあたる部分が少しむくむぐらいで、まわりの人にはほとんど気づかれません。

    ハレや内出血を100%なくすことはできませんが、最もハレが少なくて内出血がおこりにくい二重まぶた手術法は、まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法の手術です。

ページトップへ