二重まぶた手術は美容外科メディクス

二重まぶた手術

手術の意外な落とし穴

  1. 埋没法による二重まぶた手術は、どこのクリニックでも同じなのでは?

    いいえ、実は違います。医療用の糸を使って二重まぶたを形成するという意味では同じなのですが、糸の使い方などの施術内容は、違う場合があります。大きく分けますと、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通す従来の方法と通さない最新の方法があります。

    糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通す従来の方法では、ほとんどの場合、糸を点止めで二重のラインを作ることになります。

    糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない最新の方法では、二重のラインにそって糸を線状に通すことができますので、術後のハレがより少なく、二重のラインもよりきれいに仕上がり、また、手術後かなり時間が経過しても糸をぬくことができますし、糸による目のトラブルもおこりません。

    埋没法による二重まぶた手術をうける場合は、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法のほうがより安全で、より納得のいく結果が得られるでしょう。

    なお、従来の埋没法の問題点を、二重まぶた手術のトラブル事例で実例をあげながら説明をしていますので、ご参照ください。

  2. 埋没法の手術後いつでも糸をぬいて、もとにもどせるのですか?

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通す従来の埋没法では、糸の点止めによって二重のラインをつくるので、糸をぬく作業がむずかしく、手術後の時間の経過とともにさらにむずかしくなり、糸をぬくことができなくなる場合が多いです。といいますのは、手術後の時間の経過とともに糸とまぶたの皮フの癒着(ゆちゃく)がすすんでしまうので、糸を通してできた点がまぶたのどこにあるのか見つけにくくなり、糸を切ってぬくことができなくなるからです。もちろん、糸によってできた点の位置をだいたいの目安をもとにまぶたの皮フを切って糸をぬくことができますが、まぶたにキズが残ってしまいます。

    まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通さずに、二重のラインを線状に形成する最新の埋没法では、手術後に時間が経過して何年たっても糸をぬくことができますので、より安心です。

  3. 切開法による二重まぶた手術は、どこの美容外科、クリニックでも同じなのでは?

    いいえ、ちがいます。
    まぶたを切開して、縫合・抜糸を行ない二重まぶたを形成するということにおいては、どのクリニックも同じなのですが、二重のラインのつくり方が、埋没法と同様にクリニックによって違います。

    大きく分けますと、2種類の方法があります。1つは、二重のラインのところに(埋没法のように)糸を埋め込んだままにしておく従来の方法と、もう1つは、糸を埋め込んだままにしないで二重のラインを形成する最新の方法です。

    糸を埋め込んだままにして二重のラインをつくる従来の切開法では、術後のハレがひくまでにより時間がかかりますし、糸が埋め込まれた二重のラインのところがクボミがちになり不自然な仕上がりになるなどの欠点があります。

    しかし、もう一つの手術法である、糸を埋め込んだままにしないで二重のラインを形成する最新の切開法ならば、術後のハレはより少なく、二重のラインも自然で、生まれつきの二重まぶたのように、きれいに仕上がります。

    切開法による二重まぶた手術を受けるならば、糸を埋め込まないで二重のラインを形成する最新の切開法を選択したほうが良いでしょう。

  4. 二重まぶた手術は簡単そうな手術なので、二重まぶたの仕上がり、出来ぐあいは、どこのクリニックでも、そんなに違わないのでは?

    いいえ、違います。特に二重まぶたの手術はデリケートで細やかな作業を要する手術ですので、ミリ単位で結果がまったく違ってきます。これはおのずから、手術方法、ドクターの手術経験・技術力、医師のモラルなどの差によるものといえます。また、二重まぶたの仕上がり具合が同じようでも、保証等のアフターフォローが行き届いているかどうかなど、手術後のアフターケアにおいてもクリニックによって差が出てきます。

  5. 「当クリニックでは、専門医が二重まぶたの手術を・・・。」という広告を見かけますが・・・?

    その際は、このWEBサイトの情報などを参考に判断されてください。
    実際には、最もベストな最新の二重まぶた手術ができる専門ドクターは、ほとんどいないのが現状のようです。もしそういう広告をご覧になられて、そのクリニックに行かれる際は、カウンセリング時に手術担当ドクターに、二重まぶた手術に関する手術方法、手術経験数、アフター保証などを必ず聞かれてご判断ください。

    なお、クリニックにおいては、「美容外科メディクス」が、全国で唯一の二重まぶた専門医院で、最新の二重まぶた手術を行なっていますので、安心してベストな二重まぶた手術をうけることができます。

  6. いわゆる「プチ整形」と言われている代表的な美容手術に二重まぶた手術がありますが・・・?

    よく広告で見かけるプチ整形の二重まぶた手術料金は、1点止めの手術料金がほとんどで、2点止め、3点止め、4点止めとなるにしたがって、手術料金は高くなっていくようです。もちろん、そのドクターは、「2点、3点と増やしたほうが、きれいな二重のラインになる・・・。」とすすめるでしょう。1.でもふれましたが、一生に一度の手術ですし、あなたの最も大切なお顔に関わることですので、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない埋没法による最新の二重まぶた手術を受けられたほうが良いでしょう。

  7. 二重まぶた手術料金が非常に安いクリニックのほうが得なのでは・・・?

    経験上、非常に安い二重まぶた手術では、良い仕上がりの二重まぶたはほとんど見受けられず、安かろう悪かろうというのが現状です。もちろん、手術費が非常に安いクリニックの患者さんの術後の状態をすべて確認したわけではありませんが、少なくとも言えることは、糸をまぶたの裏側のねん膜(結膜)に通さない埋没法による最新の二重まぶた手術はされていないようです。

    一生に一度の手術をするわけですから、目先の安い手術料金にまどわされずに、適正価格のベストな方法による二重まぶた手術を受けられることをお勧めいたします。

  8. カウンセリング無料のクリニックは、親切で良心的なクリニックでは?

    カウンセリングというものは、本来、患者さんの意思や希望をお聞きしたり、患者さんへ直接アドバイスするために、手術を担当するドクターが必ずすべきものです。しかし、実際は、カウンセラーと呼ばれる医師ではない人が相談を受けて、いろいろと手術を勧めるケースが少なくありません。こういうケースは比較的、大手のチェーン展開しているクリニックやカウンセリング無料と宣伝をしているクリニックに多く見受けられますので、要注意です。

  9. まぶたのタルミ取りのために美容外科に行ったのに、いろいろとドクターに言われ、最終的にフェイスリフトの手術をされてしまった・・・。

    こういうようなケースも少なくありません。商業主義で運営をしているクリニックにとっては、より高額な手術をあれこれと理由をつけて、どんどんすすめていくようです。本来、最も良い美容手術とは、ムダな手術はせず、適正価格で高度な美容形成技術を患者さんに提供することです。相談もしていないのに、いろいろな手術をあれこれとすすめてくるクリニックには、気をつけたほうがよいと言えるでしょう。

ページトップへ